なくしたiPhoneを探す方法
TOP > なくしたiPhoneを探す方法

なくしたiPhoneを探す方法

iPhoneをなくしてしまった時には、内臓のGPSがONになっていて、インターネットに接続されていれば、今どこにあるのか、その場所を別のiPhoneやパソコンなどを使って知ることができます。

iPhoneで探す時には、それに「iPhoneを探す」というアプリをインストールします。また、パソコンなどを使う時には、ウェブブラウザでiCloudというサイトに接続します。


そうしましたら、なくした方のAppleID(登録した時のメールアドレス)とパスワードでログインします。



こうすることで、アプリまたはウェブブラウザの地図上になくしたものの位置が表示されます。



この機能は、iOS6以降のOSであれば今まで動いた後(軌跡)も表示されますので、盗まれたのかどうかもある程度推測できます。


その他には、アラートを鳴らす機能や記憶内容を消去することもできます。
このような遠隔操作で位置情報を知ることができる機能は、なくした時ばかりでなく、例えば、徘徊老人などにiPhoneを持たせることで、行方不明になることを防ぐことができたりしますし、子供に持たせることで今どこに居るかすぐにわかりますので安心できるなど使い道はいろいろとあります。



また、逆に悪用することもできます。

例えば、他人のAppleIDとパスワードを盗むことができれば、簡単にその人の行動状況をつかめます。

これはほとんど犯罪ですからしてはいけませんが、被害者になる可能性もありますので、AppleIDとパスワードの管理はきちんとしたいものです。